早いもので8月末…、夏も終わろうとしております。

子供にとっては長い夏休み、ワンピースを却下されたのでポケモンを劇場鑑賞。

そこで気になったシン・ゴジラを鑑賞したところ、これが大当たりでした。

中盤から後半にかけては迫力も緊張感もあり、久々に面白がれる映画でした。

さらにもう一本、新海誠監督の「君の名は」という予告編が気になりました。

お恥ずかしいことに新海監督の作品は一本しか観たことがなかったのですが、

ちょっと面白そうだったので書店で小説版を買って読了。

小説、というよりライトノベルのような読みやすさで中学生の読書感想文にぴったり!

みたいな内容ですが年を重ねたからなのか10代の瑞々しい(それだけじゃないけど特に)

恋愛模様が心に染みるんですね。(甘酸っぱい青春なんかもちろん無縁なのに、です。)

同監督の「言の葉の庭」という作品に出てくる男子高校生のもどかしく切ない恋愛表現も大好きです。

さて、今回は急なお引っ越しに伴い荒川区のN様邸にて家電類の買取となりました。

今日の今日がお引っ越しとのことでスケジュールを無理やり空けての強行軍となりました。

とても若い男性のお客様なのですがこのたび一度地元に帰られることにしたそうです。

搬出の作業をしながら将来の夢などをお話ししておられました。

地元で英気を養い、力を蓄えて、また再度東京へ進出する予定だそうです。

もしかしたら地元に帰ると「東京に負けた」という印象を受ける周囲の人がいるのかもしれません。

しかし、自分の好きなことを本当に楽しそうにお話しされている姿は、なんというかとても眩しかったです。

世の中の多くの人にとって「若さ」とは“愚かさ”だったり、“失敗すること”だったりするのだと思います。

順調が一番ですが失敗出来る事こそ特権なのですから、他人のいうことなど気にせず存分に休んで、

東京に来る際はぜひご連絡ください、極論、夢や目標なんか変わってたって問題ないと思うんです(笑)

ステイゴールドでは「勝手に応援キャンペーン」を組んで生活家電をご用意させていただきたいと思います!

リサイクル&リユース ステイゴールド